商品情報

タフピッチ銅 C1100 ※比重8.89

銅(Cu)99.90%以上、酸素(O2)0.02〜0.05%を含むもので電気・熱伝導性(伝導率100%前後)に優れ、展延性・絞り加工性・耐食性・耐候性が良く、電線・電気用として使用されております。注意点は、「水素脆化」です。「水素脆化」とは、水素を含む還元気体中で、400℃以上に加熱すると銅中の酸化銅が還元されて水蒸気を生じ、この圧力で細かな亀裂が生じ脆くなることをいいます。

タフピッチ銅 C1100 ※比重8.89

無酸素銅 C1020 ※比重8.94

銅(Cu)99.96%以上含む純銅で、電気・熱の伝導性、ろう付け性・深絞り性に優れ、溶接性・耐食性・耐候性が良い。含有酸素量が0.001%以下なので水素脆化を起こす恐れがなく、電気用、化学工業用などに使われております。

無酸素銅 C1020 ※比重8.94

りん脱酸銅 C1220・C1201 ※比重8.94

銅(Cu)99.90%以上、りん(P)0.015〜0.040%を含む純銅。酸素量が少ないので水素脆化もなく、耐食性、耐候性、絞り加工性、熱伝導性(熱伝導率80%前後→りん(P)が伝導性を妨げる)に優れています。風呂釜、屋根板などに使用されております。

りん脱酸銅 C1220・C1201 ※比重8.94

黄銅 C2801 ※比重8.40

銅(Cu)59〜62%、亜鉛(Zn)約40 %の配合で、熱間加工が容易で鍛造用に適し、引張強度が高く、展延性があります。黄銅の性質として銅分が57%未満になると硬くて、脆くなるため鋳物として使われております。用途は、打ち抜いたまま又は折り曲げて使用する配線器具部品、ネームプレート、計器板、溶接棒などです。

黄銅 C2801 ※比重8.40

快削黄銅 C3604 ※比重8.50

銅(Cu)57〜61%、鉛(Pb)1.8〜 3.7%、鉄(Fe)0.50%以下の配合で、特性として被削性に優れています。ボルト、ナット、歯車、ライター、時計に使われております。

快削黄銅 C3604 ※比重8.50

黄銅カドミレス ※比重8.50

快削黄銅と同じC3604規格ですが、カドミウム含有量を規定したRoHS規制※に対応する為製造工程を見直し管理水準を高め、カドミウムの含有を抑制するため純良な原料だけを配合した快削黄銅です。
※RoHS規制:EU(欧州連合)が加盟各国に対して、「電気・電子機器を製造するにあたって、特定の環境負荷物質の使用を制限する」ことを義務付けた指令

黄銅カドミレス ※比重8.50

黄銅 C2700 ※比重8.47

銅(Cu)63〜67%、亜鉛(Zn)約35%配合で、押し広げ性・曲げ性・めっき性・深絞り加工性に優れています。カメラ・カーテンレール・衛生管などに使用されております。

黄銅 C2700 ※比重8.47

ネーバル黄銅 C4621・C4641 ※比重8.50・8.40

銅(Cu)59.0〜64.0%、すず(Sn)0.50〜1.5%、残り亜鉛(Zn)からなる合金(C4621・C4641)。強度と耐海水性に優れています。管板、その他海洋構造材などに使われております。

ネーバル黄銅 C4621・C4641 ※比重8.50・8.40

高力黄銅 C6782 ※比重8.30

銅(Cu)56.0〜60.5%の黄銅にアルミニウム(Al)2.0%以下、マンガン(Mn)2.5%以下、鉄(Fe)1.0%以下を添加した合金(C6782)です。黄銅に高強度をもたせたもので、船舶用プロペラ軸、ポンプ軸などに使われております。

高力黄銅 C6782 ※比重8.30

クローム銅 ※比重8.90

銅(Cu)残、クロム(Cr)0.7〜1.4%の配合で、焼入れ・焼戻しによる析出硬化型の合金である。最高使用温度は420 ℃までで高温度においても耐摩耗性が大きい。この合金は、電気抵抗溶接機用電極材のほか、自動車、歯車、軸受などに使われております。

クローム銅 ※比重8.90

りん青銅 C5191・C5210 ※比重8.80

C5191は銅(Cu)残、すず(Sn)5.5〜7.0%、りん(P)0.03〜0.35%が含まれ、3つを足して99 .50%以上のものをいいます。りん青銅は、1〜3種まであり、機械的な強さが大きく、耐疲労性、耐食性、耐磨耗性に優れ、鉄鋼のような磁性がありません。ねじ、軸受、ボルト、コネクタなどに使われております。

りん青銅 C5191・C5210 ※比重8.80

ベリリウム銅 25合金 ※比重8.30

銅(Cu)残、ベリリウム(Be)1.8〜2.0%などを含むものです。特性として、高強度、誘電率約25%機械用に優れており、溶接用部品、スイッチなどに使われております。

ベリリウム銅 25合金 ※比重8.30

ベリリウム銅 50合金 ※比重8.83

銅(Cu)残、ベリリウム(Be)0.2〜0.4%、銀(Ag)0.1〜0.3%を含むものです。特性としては、高強度、誘電率約50%電極用に優れており、電極チップに使われております。

ベリリウム銅 50合金 ※比重8.83

砲金 BC6 ※比重8.95

銅(Cu)83.0〜87.0%、鉛(Pb)4.0〜6.0%、すず(Sn)4.0〜6.0%、亜鉛(Zn)4.0〜6.0%を含むものです。砲金は、1〜7種まであり、鋳造方法は、連続鋳造です。用途としては、耐圧性、耐磨耗性、被削性が良く、例えば、一般バルブコック類、軸受、スリープ、ブッシュその他機械部品に使われております。

砲金 BC6 ※比重8.95

快削銅(テルル銅) ※比重8.94

銅(Cu)にテルル(Te)を0.4〜0.6%添加した高銅合金です。被削性に優れ、放電加工用電極、トーチ火口(ひぐち)などの切削加工材に使われております。

 

アルミニウム青銅 C6161・C6191 ※比重7.90・7.60

アルミニウム青銅は強度が高く、耐摩耗性・耐腐食性・耐被労性に優れています。また、バネ性が強く非磁性強力材です。用途は車両用、機械用、船舶用などに使われております。

アルミニウム青銅 C6161・C6191 ※比重7.90・7.60

洋白・ばね用洋白 C7521・C7701 ※比重8.80・8.70

▲ このページのトップに戻る