滑川軽銅とは

  • “モノづくり”へのこだわり

滑川軽銅はいつの時代も“ジャストサイズ”にこだわり続けます。

滑川軽銅は「すべてのニーズにお応えしたい」という思いから、お客様一人ひとりの声を真摯に受けとめ、柔軟に対応してきました。

私たちはこれからも“ジャストサイズクリエイター”の名に恥じぬよう、“滑川クオリティ”とも呼ばれる高品質な製品を皆様にお届けしていきます。

滑川軽銅の強み

豊富な知識と確かな技術で、お客様のご要望にお応えします。

技術の進歩に合わせて、必要となる部材のニーズは多様化していきます。そのため、メーカーが生産したものだけを仕入れていたのでは、一人ひとりのお客様のご要望にお応えできません。そこで滑川軽銅は職人たちが知恵を絞り、自社で切断加工を行ってきました。確かな技術に裏打ちされた十分な知識を蓄積しているため、さまざまなご要望への対応が可能です。

アルミ合金の極厚板、極太丸棒を中心に、お客様が必要とする「モノ」を必要な「大きさ」で、1本・1枚からスピーディーにお届けいたします。「素材」から「切断」そして「機械加工」まで一貫した内蔵システムをお届けいたします。

流通と加工のワンストップサービスを駆使し、スピーディーに製品をお届けします。

滑川軽銅は、豊富なアルミの在庫を持っています。また、数十台もの切断機や大型精密加工機を保有しており、アルミが日本に流通し始めた当初から、「切断」、「仕上げ」、「精密加工」を行ってきました。これにより、必要なときに、必要なものを、必要なだけ、皆様のもとにお届けできます。

グローバルな事業展開で、幅広いご依頼に対応できる体制を整えています。

より硬く、歪みのないアルミを求める方々の希望にお応えするため、滑川軽銅は海外から優れた合金を輸入し、お客様のニーズに対応できる体制を整えてきました。また、アジアを新たな市場として開拓するために海外担当部署の設置や、韓国で展示会を開催するなど事業のグローバル化に向けた取り組みを行っています。

▲ このページのトップに戻る